英会話力を身に付ける魅力、有効なワーキングホリデーを利用

気をつける点

カナダへワーキングホリデーに行く人も多くいます。限られた時間の中で、帰国後の生活も考えて過ごすと、必要な行動を取るようになるでしょう。時間を有効活用しましょう。

詳しく読む

体験して選ぶ

英会話スクールを利用する際には、しっかりとスクール選びを行うことが大切です。無料体験を行っている英会話スクールがほとんどなので、体験してから比較することも大切です。

詳しく読む

費用の変化

留学をするには大きな費用が掛かるので、留学をする人が減少していた時期もありました。その費用を軽減する事によって留学する人が増加してきたのです。他の国に目を向ける事はとても大切な事だと言えます。

詳しく読む

自分にあわせて

英会話スクールは、レベル別にクラスが分かれているでしょう。自分にあわせたクラスを選ぶ事で、無理なく英会話を学ぶ事が出来ます。無理をせず、徐々にレベルを高めていきましょう。

詳しく読む

自宅で学習

テレビでよく紹介されるスピートラーニングは、スクールに通わずに自宅でも英会話を学習する事が出来る優れ物です。魅力豊富なこの教材は、多くの人が購入している商品です。

詳しく読む

必要な費用を知る

気になるワーキングホリデー。その費用は。

ワーキングホリデーという制度をご存知でしょうか。これは協定を結んだ国同士の間で留学する際、留学中の資金補助のため一定の就労を認めるという制度です。ワーキングホリデーといえば必ずと言っていいほど出てくる留学先の一つがカナダです。カナダは暮らしやすさの評価がずば抜けて高いことでも有名ですね。しかしこのワーキングホリデー制度、興味はあってもなかなか一歩踏み出す勇気が出ないもの。心配事の一つが資金面への不安ではないでしょうか。前述のとおりワーキングホリデーでは就労が認められています。留学費として必要な航空券、保険、生活費、学費などがかかりますが、ここにアルバイト等の収入が入ってくるのがワーキングホリデーの魅力。必要経費から収入を差し引いてトータルで100万円から130万円が平均の予算であるようです。頑張り次第では留学費をぐっと浮かせることもできそうです。

できるだけセーブしたい留学費。どんなことにお金を使わなければいけないのか。

生活費や保険、学費などは当然、それ以外にはどんな経費がかかるのでしょうか。まずはカナダへの旅費、これは夏季よりも冬季が安いと言われています。夏季出発の旅費はなんと冬季の1.5倍から2倍とも。出発するタイミングを選ぶことが大事になってきそうです。そして留学といえば留学エージェンシーの存在。必ずしも利用する必要はありませんが、慣れないカナダでの生活ではメリットもたくさんあります。渡航手続に始まり、学校の入学手続き、滞在先探しなど、一人ではなかなか大変なことが多い留学生活。そんな留学生を生活から進学までのアドバイザーとして支えてくれるのが留学エージェンシーです。利用する際は約15万円から20万円の費用を考えておかなければなりません。ただし、語学学校と提携しているものの場合は無償など比較的安価に利用できることもあるので目的に合わせて選びましょう。なんといっても収入が見込めるのがワーキングホリデーの醍醐味。海外で勉強しながら働くこともできるという大変貴重な経験ができるこのワーキングホリデー制度です。留学をお考えならぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。